活動報告

まちを元気にするコミュニティビジネス (逗子市 ①) 総務委

2005年12月03日

総務常任委員会視察2日目は、コミュニティビジネス(CB)支援に取り組み始めた逗子市(5万9000人)へ。

地域の人材などを活用して身近な課題を解決、まちに活気をもたらす事業として注目されるCB。その背景に2007年問題があります。「一線で培ってこられた能力と経験を地域社会で生かしていただくと同時に、新たな生きがいづくりにも」と企画部企画調整課の担当者。

起業をめざす人向けに講座や相談を、市民へはCBのアピールを。公開でのビジネスプラン発表会、OB会や研究会の設立支援、モニタリング調査などを通じてネットワークづくりや情報交換、支援者・団体とのマッチングを図るサポート体制が組まれていました。さらに金融機関とも連携し、中間支援機関のネットワークづくりやCB融資制度を検討予定とか。
初年度市が認定したビジネスプランは子育て支援、高齢者の居場所づくり、アート系など7プラン。地域性やコンセプト性といったCBの条件をクリアすることはもちろん、将来性もしっかり審査されます。*10/12

お知らせ

2018年08月01日

7月の活動報告を追加しています。

・29日 市民と議員の条例づくり交流会議
・26日 幼稚園が暑すぎる!その2
・21日 友人M君を偲んで
・19日 幼稚園が暑すぎる!
・15日 アフガニスタン写真展
・14日 合言葉は「女性を議会へ!」
・11日 議会のチカラで日本創生
・10日 円卓会議「宝塚南口駅周辺のまちづくりを考える」
・9日 老犬と暮らす その10
・8日 老犬と暮らす その9
・6日 経験したことのない大雨
・1日 カワラサイコが3倍に!

2017年04月24日

携帯電話番号が変わりました。
【新】 080・4013・8050
お手元のアドレス帳を上書きしていただければ幸いです。

  • さなえ応援団
  • 会員・サポーター募集中!
  • リンク集
  • 寺本さなえのFacebook
  • 寺本さなえのTwitter
  • 寺本さなえにメールする

このページの先頭へ