活動報告

揺れない育成会に「喝!」

2005年12月21日

週末の朝日新聞1面で学童保育の問題が取り上げられました。相次ぐ事件を受けて、保護者に迎えを要請したり、時間延長したり、各地の学童保育が揺れている、と。
産経新聞はコラムで宝塚市の育成会の一件を伝えています。

時間延長については賛否両論。家庭によって事情が異なり、万人向けの対策は難しいのです。それでも今対応が求められているのは確か。育成会の子どもたちは小3までで、昼間下校する子どもたちに比べ不安要素が多いにもかかわらず、地域でも学校でも「対象外」にされがちな現実―それは存在そのものがあまり認識されていないからかもしれません。

マスコミ効果は大です。よそはそうなの、やっぱりみんな思ってたんだ・・・と、保護者たちもびっくり。
ところが、子どもの安全に関して「早急な協議」が要求されているのに当局の動きの鈍いこと!(役所の“早急”ってひと月スパンなの?) 「請願採択されてないし、予算も計上してませんから急いでも同じ・・・」にはバクハツしそうになりました。そういう問題じゃないでしょ。

お知らせ

2018年11月22日

サーバーの不具合で記事と写真の投稿ができなくなっています。見づらくて申しわけありません。
もうしばらくお待ちください。

2017年04月24日

携帯電話番号が変わりました。
【新】 080・4013・8050
お手元のアドレス帳を上書きしていただければ幸いです。

  • さなえ応援団
  • 会員・サポーター募集中!
  • リンク集
  • 寺本さなえのFacebook
  • 寺本さなえのTwitter
  • 寺本さなえにメールする

このページの先頭へ