活動報告

寺本さなえの一般質問 ④動物愛護の「視点」をもって

2006年12月13日

3.動物愛護施策の現状と課題について
動物愛護の意識が高まりをみせる一方で、ペットの鳴き声や臭い、のら猫に関する相談や苦情も。人と動物の共生できる社会づくりに向けて、市はどうかかわれるのか。災害時のペット対策も気になるところです。

動物愛護施策は県の管轄で、狂犬病予防接種や不要猫(!)の引き取り、ペットの飼い主への啓発などを市の環境部生活環境課が行っています。でも、「対策」だけでは市民ニーズにこたえていると思えません。
自治体の動物愛護施策の充実ぶりをみる指標として挙げられるのが、避妊手術助成、里親探し、迷い犬&猫の情報、しつけ教室の開催・協力など。これらに加えて今回提案したのは、
● 猫の去勢・避妊手術助成
「殺される“いのち”を殖やさない」と、市議会は全会一致で請願を採択しました。本来は飼い主の責任ですから賛否両論ありますが、啓発効果は◎(看板では△×)。文京区の「ホームレス猫の避妊手術費用助成」は愛護家も被害住民もナットクの新しい施策として注目されています
● 犬&猫にマイクロチップ装着助成。迷い子対策で厚木市がスタートします
● 災害時のペット対策と飼い主への情報提供。阪神淡路大震災後、県がまとめた報告書は各地で活用されているそう。お膝元の本市も防災マニュアル等に記述を!
● ドッグランの整備。O議員の数年越しのテーマに重ねて要望(「プレイパークが先」と前置きの上^^)
●ドッグフリスビー大会などの誘致または開催協力。「共生のまち」をアピールしたいところです。

市内の登録犬数が10、000頭を越えています(猫もほぼ同数?) 20,000頭といえば公立幼・小・中学校に通う子どもの数より多いのです。動物をパートナーとして暮らすたくさんの市民を意識した施策の必要を訴えたつもりですが、うなずきながら聞いてくれた人、イヌネコに金をかけとる場合かと冷ややかな人、(選挙前で地元ネタが花盛りの中)ハズレたこと言うてはるわー、という人・・・議場の反応はまちまち(^^;
ま、すぐには無理でしょうが、要は姿勢の問題。動物と共生できる社会は穏やかで、心豊かな社会です。飼わない人にとっても住み心地のよいまちになると信じています。

お知らせ

2018年11月22日

サーバーの不具合で記事と写真の投稿ができなくなっています。見づらくて申しわけありません。
もうしばらくお待ちください。

2017年04月24日

携帯電話番号が変わりました。
【新】 080・4013・8050
お手元のアドレス帳を上書きしていただければ幸いです。

  • さなえ応援団
  • 会員・サポーター募集中!
  • リンク集
  • 寺本さなえのFacebook
  • 寺本さなえのTwitter
  • 寺本さなえにメールする

このページの先頭へ