活動報告

議員の職場離脱事件 

2008年12月17日

多田浩一郎議員が本会議中たびたび席を離れることは、議員間ではずっと前から問題視されていました。特定の議員の一般質問時に抜ける傾向もみられ、ついに今回、となき議員の質問中、長時間にわたる離席を見かねた草野議員が「議事進行」の動議を発したことから、初めて公式に対応を協議されることになったのです。

今日の議会運営委員会で“本人”への事実確認が行われました。わたしは江原委員長の、公平で配慮のある進め方に感服しながら傍聴していたのですが――。
“本人”は健康上の理由を並べ立てて弁明に終始し、反省の色なし。挙句の果てに「ベルが鳴ってから入場する議員とどっちがいいのか」などと自分を正当化する発言まで出てきて、呆れてしまいました。
かばおうとする議員もさすがに困惑顔。ちなみに、規則上はベルが集合の合図です。
一連の発言について、議会に対する冒涜じゃないか、懲罰委員会ものだ、風邪や薬のせいというなら診断書を提出すべき。昼休みをはさんで開かれた議運では議論になったようです。

6月議会175分、9月議会300分もの中抜け(複数証言が一致)を、「記憶にない」はないでしょう。
クリーンセンター職員の「職場離脱」を追及したヒーローがこれでは困ります。嘘や身勝手、ルール違反は許されない。議員としての責任をどう自覚しているか、です。

第107条 議員は、会議中は、みだりにその席を離れてはならない。(宝塚市議会会議規則)
これを機にみんなで議会の規律を認識し直す必要を感じています。      *2008年の顔「めじろん」

お知らせ

2018年04月29日

出張報告書の整理のため、過去の未掲載記事を一時的に4月末付でアップしています。まぎらわしくてすみません。
ご興味のある方はご一読いただけると幸いです。m(__)m

2017年04月24日

携帯電話番号が変わりました。
【新】 080・4013・8050
お手元のアドレス帳を上書きしていただければ幸いです。

  • さなえ応援団
  • 会員・サポーター募集中!
  • リンク集
  • 寺本さなえのFacebook
  • 寺本さなえのTwitter
  • 寺本さなえにメールする

このページの先頭へ