活動報告

「障がい」の表記について

2010年12月24日

「障害者」の表記については、「害」=妨げ・害悪、つまり社会の妨げになっている人のようで、不快に感じる当事者への配慮から、「障がい者」「障がいのある人」とする自治体が増え、今年度から宝塚市でもそうしています。

わたし自身は法律の条文や固有名詞との不整合や混ぜ書きの見苦しさが気になるのと、当事者団体から国や自治体に要望が出された形跡もなければ、名称を変えた団体も(少なくとも市内では)ない実態などから、行政発のこのトレンドにあんまり賛成できずにいます。
「人権に配慮しています」的なアピールも感じられて、どうもひっかかるのです。「そんな表面的なことより、施策をちゃんとして」という声も。
もとは「障碍」ですから、「碍」を当用漢字にすればすむ話。「発達障がい」「障がい物」まで仮名書きするのっておかしくないですか? 学校ではどう対応しているのでしょう? 当の市役所は「障害福祉課」のままですが。
ずいぶん考えてみましたが、わたしは当面、今回の計画名のような固有名詞以外は文科省の定めたとおり、また新聞表記にならって書くつもりです。みなさんはどう思われますか?

お知らせ

2018年08月01日

7月の活動報告を追加しています。

・29日 市民と議員の条例づくり交流会議
・26日 幼稚園が暑すぎる!その2
・21日 友人M君を偲んで
・19日 幼稚園が暑すぎる!
・15日 アフガニスタン写真展
・14日 合言葉は「女性を議会へ!」
・11日 議会のチカラで日本創生
・10日 円卓会議「宝塚南口駅周辺のまちづくりを考える」
・9日 老犬と暮らす その10
・8日 老犬と暮らす その9
・6日 経験したことのない大雨
・1日 カワラサイコが3倍に!

2017年04月24日

携帯電話番号が変わりました。
【新】 080・4013・8050
お手元のアドレス帳を上書きしていただければ幸いです。

  • さなえ応援団
  • 会員・サポーター募集中!
  • リンク集
  • 寺本さなえのFacebook
  • 寺本さなえのTwitter
  • 寺本さなえにメールする

このページの先頭へ