活動報告

江東区②洪水時は海へ?  ~防災に関する調査特別委員会~

2011年11月26日

14時46分頃の大地震で最大で震度5強が観測された後、東京湾内湾には津波注意報が15時14分、津波警報が15時30分発令され、19時16分に最大波1.5mの津波が到達。また、本震後4月16日までの間に震度4の揺れが3回、震度3が10回記録されています。
被害状況は、人的被害が死亡2人、エレベーター閉じ込め1件、火災1件。庁舎や出先機関、土木・教育・子育て・スポーツ・文化・福祉施設、区営住宅などで被害報告あり。うち液状化を伴う被害も62カ所。

高層マンションの地震による揺れと対策、危機管理体制と緊急時の対応、防災マップの作成について、詳しい話をうかがいました。主な質疑は、

Q1 担当部署の体制について
 A 危機管理課5名(うち1名は警察関係者)、防災課10名(うち1名は消防関係者)。
 
Q2 わが市ではしょっちゅう災害対策本部が設置される。危機意識はあるが、補助制度もない。
 A 補助金を出しても150万円なので住宅の耐震化はなかなか進まない。

Q3 「洪水時は海を向いて逃げる」とは意外!
 A 海の方が安全。埋め立て地の方が高くなっている。
  

お知らせ

2018年04月29日

出張報告書の整理のため、過去の未掲載記事を一時的に4月末付でアップしています。まぎらわしくてすみません。
ご興味のある方はご一読いただけると幸いです。m(__)m

2017年04月24日

携帯電話番号が変わりました。
【新】 080・4013・8050
お手元のアドレス帳を上書きしていただければ幸いです。

  • さなえ応援団
  • 会員・サポーター募集中!
  • リンク集
  • 寺本さなえのFacebook
  • 寺本さなえのTwitter
  • 寺本さなえにメールする

このページの先頭へ