活動報告

防災リーダー講座を終えて 

2012年12月01日

「災害は、その時代・その社会が内包していた『歪み』を、前倒しする形で顕在化する」
6月23日から11回のカリキュラムで開催された阪神地域ひょうご防災リーダー講座。最終回の第1限「阪神・淡路大震災と東日本大震災から学ぶ」で、室崎益輝・関西学院大学総合政策学部教授が話されました。
地震動や津波などによる直接死以外に、救助や医療の遅れ・欠落による死、被災後ケアの欠如による関連死がいかに多かったか。復興制度設計と生業再建支援、コミュニティや地場産業の破壊、新しい防災の考え方(防災から減災へ、防災対策から危機管理へ、行政主導から連携協働へ)など、総まとめ的な内容です。
第2限は、「安全と安心の確保をめざして」。兵庫県阪神南県民局長が県の防災体制、広域防災拠点、津波対策、総合治水条例、住宅再建制度などについて説明されました。そして、閉講式へ――。

隔週土曜×5時間の講座に出席するのはけっこう大変でしたが、おおいに勉強になりました。
学んでオワリではなく、万が一の場合は私たちが行動しなければなりません。一定の知識を持ち合わせた人が増えれば、自助と共助のパワーは格段に違ってくるでしょう。これからも、とくに活躍の時期が長い若い人たちに受講してほしいものです。
それから、議員が地域の一員として活動する際の心得として、「謙虚」「公平」「行政に圧力をかけないこと」―――過去、いろいろあったことを参加者の方からもうかがいました。

同期の皆さん、またお目にかかりましょう!  事務局の皆さんお世話になりました。
防災士試験、受かってますように。。。^^*

お知らせ

2018年01月01日

あけましておめでとうございます。
旧年中は何かとお世話になりました。
本年もよろしくお願い申し上げます。
           2018年 元旦

2017年04月24日

携帯電話番号が変わりました。
【新】 080・4013・8050
お手元のアドレス帳を上書きしていただければ幸いです。

  • さなえ応援団
  • 会員・サポーター募集中!
  • リンク集
  • 寺本さなえのFacebook
  • 寺本さなえのTwitter
  • 寺本さなえにメールする

このページの先頭へ