活動報告

たばこの煙から子どもたちを守る ~寺本さなえの一般質問 2~

2012年12月23日

がんや脳血管疾患、心臓病などの生活習慣病などの発症の要因にたばこの煙が深く関わっていて、健康に悪影響を及ぼすことが科学的に明らかにされています。
兵庫県は1999年から受動喫煙の防止に取り組んできましたが、依然として多くの人々が受動喫煙に遭っている現状から、「受動喫煙の防止等に関する条例」を本年3月に制定。神奈川県についで全国2番目の条例です。
2013年4月1日からの条例施行に伴い、本市はどのように取り組むのでしょうか。
市立病院の禁煙外来での診療実績と啓発は? JR・阪急宝塚駅周辺を路上喫煙(歩きたばこ)禁止区域に指定する考えは? 小中学校における「防煙教育」は?

条例に定められている施設での禁煙・分煙の徹底のほか、ポスターやチラシ等で啓発に努める旨の答弁でしたが、路上喫煙の禁止には消極的です。
路上喫煙禁止を条例化する動きは千代田区(2002年)を皮切りに全国で広がって、阪神間では芦屋市が2009年に実施。宝塚駅近くに住む私は、子育て中の方を中心に、歩きたばこ(と「ポイ捨て」)を禁止してほしいとの要望や苦情を度々受けてきました。
4000種類もの化学物質、うち200種類以上の有害物質が含まれているたばこ。副流煙には主流煙の何倍もの有害物質(ニコチン2.8倍、タール3.4倍、一酸化炭素4.7倍)が含まれると、教科書にも記載されています。化学物質過敏症の人以外にもたばこの煙に弱い人は多く、子どもたちには絶対に吸わせたくないものです。

小中学校では、学習指導要領にもとづいて、喫煙の害と健康についてわかりやすく指導しているとのこと。       ※12月13日の一般質問分  

お知らせ

2018年04月29日

出張報告書の整理のため、過去の未掲載記事を一時的に4月末付でアップしています。まぎらわしくてすみません。
ご興味のある方はご一読いただけると幸いです。m(__)m

2017年04月24日

携帯電話番号が変わりました。
【新】 080・4013・8050
お手元のアドレス帳を上書きしていただければ幸いです。

  • さなえ応援団
  • 会員・サポーター募集中!
  • リンク集
  • 寺本さなえのFacebook
  • 寺本さなえのTwitter
  • 寺本さなえにメールする

このページの先頭へ