活動報告

子どもたちをタバコの害から守ろう ~寺本さなえの一般質問その1~

2013年12月13日

喫煙やたばこの煙にさらされることが健康、社会、環境、そして経済にも深刻な影響を及ぼすことから、WHO(世界保健機関)は2003年に「たばこの規制に関する世界保健機関枠組み条約」を全会一致で採択。わが国も同年、健康増進法に受動喫煙防止を明記し、公共機関を原則禁煙とし啓発や広告規制などを行ってきましたが、状況が改善されないことから、兵庫県は公共的空間での喫煙を禁止する受動喫煙防止条例を制定、2013年4月から施行、今年10月から民間にも罰則規定が適用されることになっています。
寺本さなえは、子どもたちをたばこの火や煙から守るため、主要駅周辺を路上喫煙(歩きたばこ)禁止エリアに指定するよう訴えてきました。

「喫煙者のための環境整備や、実効性を担保する仕組みづくりなど課題を整理し、特定の区域における路上喫煙禁止を検討する」と、喫煙派の市長がようやく前向きに。阪神各市・特例市42市のうち24市で路上喫煙禁止関連の条例が制定されており、わが市も美しく健全な駅前環境を早期に実現したいものです。

なお、JR・阪急宝塚駅周辺は市の玄関口。子どもたちの通学路にもなっています。地元6自治会(栄町西、ローズハイツ、ソリオ、花のみち、鍋野、池田)から「路上喫煙禁止を求める要望書」が提出されています。

お知らせ

2018年01月01日

あけましておめでとうございます。
旧年中は何かとお世話になりました。
本年もよろしくお願い申し上げます。
           2018年 元旦

2017年04月24日

携帯電話番号が変わりました。
【新】 080・4013・8050
お手元のアドレス帳を上書きしていただければ幸いです。

  • さなえ応援団
  • 会員・サポーター募集中!
  • リンク集
  • 寺本さなえのFacebook
  • 寺本さなえのTwitter
  • 寺本さなえにメールする

このページの先頭へ