活動報告

財政問題の特別委員会設置はボツ

2014年12月16日

決算特別委員会や12月議会の一般質問を通じて、本市の財政がそれほど楽観できない状況にあることが明らかになってきたことを受け、わが会派は8日の代表者会で「財政に関する調査特別委員会」の設置を提案。会派持ち帰り事案となっていました。

◆提案理由
平成26年10月30日に発表された「財政見通し」(H26 ~30)に計上されていない今後の主要な事業として、中央公民館新設、ガーデンフィールズ跡地利活用、NTN跡地利活用、旧伊藤忠宿舎解体、阪神水道企業団への水源移行等の新規事業のほか、国民健康保険事業会計の健全化(保険税値上げ、広域化に向けた整理等)、都市計画道路整備事業の大幅な増額、下水道施設等公共施設の更新、市立病院への支援、マイナンバー制へのシステム対応等、相当規模の支出が予定されている。
加えて、平成30年以降に多額の費用を必要とする事業として、新焼却施設整備事業がひかえている。
今期の宝塚市議会においては、公共施設・公共用地等の整備に関する特別委員会や予算・決算特別委員会等の場で、個々の事業計画に対する議論は行ってきたものの、市民の大きな関心事である財政問題を正面から取り上げる機会は設けていない。
限られた期間ではあるが、新年度予算成が確定する時期に、議会として、本市の財政状況ならびに少なくとも第5次総合計画後期基本計画の計画期間までの財政を見通しておく必要がある由。
◆期間  平成26年12月~同27年3月

本日の代表者会で設置しないことになりました。
個々の委員会で審査しているから必要なし(公明党、共産党)、次期でもよい(新風改革)、設置に賛成・してもよい(ユニF、太誠会、宝結会)。
財政上の課題を浮き彫りにしたくない立場や共有したくない人、時期的に難色を示す人も・・・? と、まあ予想どおりです。

お知らせ

2018年04月29日

出張報告書の整理のため、過去の未掲載記事を一時的に4月末付でアップしています。まぎらわしくてすみません。
ご興味のある方はご一読いただけると幸いです。m(__)m

2017年04月24日

携帯電話番号が変わりました。
【新】 080・4013・8050
お手元のアドレス帳を上書きしていただければ幸いです。

  • さなえ応援団
  • 会員・サポーター募集中!
  • リンク集
  • 寺本さなえのFacebook
  • 寺本さなえのTwitter
  • 寺本さなえにメールする

このページの先頭へ