活動報告

まちにアートが飛び出せば…♪

2015年11月03日

第4回「宝塚現代美術てん・てん」(主催・宝塚アートプロジェクト、共催・宝塚市)が5日間にわたって開催されました。
スタートは花のみち・さくら橋公園での堀尾貞治さんによる野外パフォーマンスから。宝塚文化創造館では宝塚ゆかりの作家23人の作品と、元永定正氏の絵本「おはなししましょう」をモチーフに美座小5年生の子どもたちが「石」と対話しながら作ったという力作を拝見。
また、昨年から月地線のギャラリーやブティック、レストランなどが展示に協力してくれています。今年は武庫川町の帽子屋さんと湯本町のレトロなアパートも加わって、アートめぐりが一段と楽しくなりました。

お店の人が作品を紹介してくれたり、作家さんが写真を撮ってくれたり、お店のお客さんにも好評らしく、「このまま置いてもらいたい」という声も。
うれしい化学反応が起きて、(てんとてんを)アートでつなぐ「てん・てんプロムナード」がようやくカタチになってきた感じです。

最終日の今日は、評論などでおなじみの菅谷富夫さん(大阪新美術館建設準備室研究主幹)による講演「私のまちとアートとミュージアム」を聴きました。
ユニークな芸術祭が各地で開催されるようになって久しく、現代アート展も盛んです。規模こそささやかですが、「てん・てん」はアーティスト自ら企画・主催(資金繰りから交渉、広報までのすべてを一年がかりで!)。毎回試行錯誤が続いています。
もっともっと市民や地域を巻き込んで、ますますおもしろいイベントに発展していくよう期待しています。

お知らせ

2018年01月01日

あけましておめでとうございます。
旧年中は何かとお世話になりました。
本年もよろしくお願い申し上げます。
           2018年 元旦

2017年04月24日

携帯電話番号が変わりました。
【新】 080・4013・8050
お手元のアドレス帳を上書きしていただければ幸いです。

  • さなえ応援団
  • 会員・サポーター募集中!
  • リンク集
  • 寺本さなえのFacebook
  • 寺本さなえのTwitter
  • 寺本さなえにメールする

このページの先頭へ