活動報告

「地方創生」時代のガバナンス~地域民主主義と地域政党~

2017年11月12日

 山梨学院大学で行われたローカルガバナンス学会公開講座へ。テーマは「地方創生」時代のガバナンス~地域民主主義と地域政党~。

 基調講演1「二元代表制の目ざすべきもの」は、元三重県知事で早稲田大学マニフェスト研究所顧問・北川正恭氏。「二元代表制のあるべき姿~議会の自立なくして地方の自立なし!」ときっぱり。地方創生の問題点を指摘されました。
 基調講演2「地方と国が対等になるために」は、山梨学院大学教授の江藤俊昭氏。「住民自治は地方議会が主役」とし、地方政治の台頭と機関主義の難しさ、議会内の会派・地域政党、それらの動向、地域政党をめぐる論点を整理されました。
 
 続く事例研究では、神戸志民党党首・樫野孝仁氏(兵庫県議)、チームやまなしの望月利樹氏(山梨県議)、地域政党京都党の村山祥栄氏(京都市議)、松山維新の会代表・池本俊英氏からそれぞれ結成の経緯や活動状況などについて発表が行われました。
 私自身、日頃から市議会の政党会派に違和感をもつことが多々あります。国政のカタチに分かれて、意識しあったり、事あるごとに県連に「お伺い」するのは、地域課題をともに解決していく上で望ましいとはいえません。
 パネルディスカッションには時節柄アツい上田玲子都議も飛び入り参加。歯切れのいいトークが聴けました。

 志ある若手議員のみなさんと交流するため、懇親会にも参加してきました。とても興味ある学会ですが、関西からは遠いんです、山梨は。

お知らせ

2018年04月29日

出張報告書の整理のため、過去の未掲載記事を一時的に4月末付でアップしています。まぎらわしくてすみません。
ご興味のある方はご一読いただけると幸いです。m(__)m

2017年04月24日

携帯電話番号が変わりました。
【新】 080・4013・8050
お手元のアドレス帳を上書きしていただければ幸いです。

  • さなえ応援団
  • 会員・サポーター募集中!
  • リンク集
  • 寺本さなえのFacebook
  • 寺本さなえのTwitter
  • 寺本さなえにメールする

このページの先頭へ