活動報告

市立幼稚園エアコン設置へ  ~総務常任委員会~

2018年09月10日

 一般会計補正予算に計上されたのは、都市計画道路競馬場高丸線整備事業3億円、道路・河川・公園・公共施設等の災害復旧費8千万円余、幼稚園の空調設置費6千万円余ほか。医療や福祉関係の給付額確定による清算や入札差金などを差し引きして、計8億9,010万円の増額補正です。
 幼稚園のエアコンについては、当初予算で4園分の設置費が盛り込まれていたのに国の補助がつかず、見送られるところでした。が、さすがに財政担当も「災害級の危険な暑さ」に決断を迫られたのでしょう、全11園分の予算が付きました。今から取りかかれば来年の夏に間に合います!

 傍聴して驚いたのが、市営住宅の指定管理料が徴収率と連動して決まっていたこと。2014年度に2,000万円、15年度360万円、16年度170万円、17年度365万円で総額3,000万円も減額になっていたことを共産党の委員が指摘しました。そんな契約ってありなのか・・・。

 「老朽危険家屋除去後の土地に対する固定資産税の減免に関する条例」は公明党の議員提案。人の住まない老朽家屋でも解体・除去すると住宅用地特例が適用されなくなって固定資産税が上がることから、5年間に限ってこれを減免することで放置されがちな空き家を解消しようとするものです。
 地域の安心安全に資するとともに、不動産の流通を促す効果も期待できることから、同様の制度をもつ自治体がいくつかあり、8月に産業建設常任委員会で岐阜県高崎市の取り組みを学んできたところでした。
 今回は、運用に向けた行政側の体制づくりもなされておらず、検討すべき課題も残ることから継続審査となりました。

お知らせ

2018年11月22日

サーバーの不具合で記事と写真の投稿ができなくなっています。見づらくて申しわけありません。
もうしばらくお待ちください。

2017年04月24日

携帯電話番号が変わりました。
【新】 080・4013・8050
お手元のアドレス帳を上書きしていただければ幸いです。

  • さなえ応援団
  • 会員・サポーター募集中!
  • リンク集
  • 寺本さなえのFacebook
  • 寺本さなえのTwitter
  • 寺本さなえにメールする

このページの先頭へ