活動報告

まちおこしの「土」と「風」

2004年12月11日

「歌劇のまち宝塚の都市再生にかかる取り組み」を紹介する催し(監修:定藤繁樹関西学院商学部教授)へ。学生案をもとに進行中の6つのプロジェクト(河川敷の活用、イルミネーション、足湯、景観統一、宝塚駅橋上化、アートによる都市再生)と、教授陣による高度福祉マンション、リサーチパーク、歌劇の研究会が3つ。ゴールはまだ見えないけれど、学生と職員の真剣さは伝わってきます。
一方で、参加者から「主体は市民。市民はPJの受け手ではない」との意見も。市民が主体的にまちづくりに関わる仕組みづくりは、わたし自身の課題でもあります。

大学との提携でまちおこしに取り組む例は珍しくありません。まずは「土」がしっかりしないとだめ。「土」は固まりすぎてもだめ。外からの新しい「風」が吹いて、緑豊かな風土がよみがえる――住民は「土」。学生が「風」になってくれたと、ある小さな町の担当者が話してくれたことがありました。農村でも観光地でもない住宅都市の難しさはあるにせよ、宝塚市でもこのPJが住民と地元商業者の本気を引き出す起爆剤になれば・・・と期待しています。

お知らせ

2018年04月29日

出張報告書の整理のため、過去の未掲載記事を一時的に4月末付でアップしています。まぎらわしくてすみません。
ご興味のある方はご一読いただけると幸いです。m(__)m

2017年04月24日

携帯電話番号が変わりました。
【新】 080・4013・8050
お手元のアドレス帳を上書きしていただければ幸いです。

  • さなえ応援団
  • 会員・サポーター募集中!
  • リンク集
  • 寺本さなえのFacebook
  • 寺本さなえのTwitter
  • 寺本さなえにメールする

このページの先頭へ