活動報告

議員提出3条例が可決    ~総務常任委員会~

2004年12月15日

一般会計補正予算、特別会計補正予算は速攻で可決。道路関係の手数料を改正する条例も可決。
第4次総合計画の後期計画を策定する審議会を設置するための条例は継続審査となりました。主な理由は、たくさんの市民参加でつくりあげたことが自慢のプランなのに、後期は市民公募委員の割合を減らす? 継続事業でさえ難しい財政状況下に新規事業を計画する必要性があるのか?という2点。

■「市長等倫理条例」の一部を改正する条例案は、現行の規定では市長の「発言問題」に対応できなかったことから共産党議員団が提出。「市議会議員等の政治倫理に関する条例」の改正案とセットで、賛成多数で可決しました。

■「市民パブリック・コメント条例」は提出者(委員1人を除く7人)を代表して、わたしが趣旨を説明しました。「市が市民への説明責任を果たし、市民の市政への参画を進め、公正で透明な市政を推進するための制度で、その手続きを定めるものです」。委員会で先進市へ視察にも行きました。ところが、当局から要綱を定める準備を進めていたと聞くや、2人の委員が条例制定に反対・・・はあ??? 
賛成多数でなんとか可決です。

■「犯罪被害者支援条例」は市民ネットが9月議会に提案、国の動きをみる必要もあって継続扱いになっていました。国会では1日に基本法が成立。給付ランクを見直す修正案が出され、全会一致で原案とも可決しました。不幸にして犯罪に巻き込まれた市民や家族の方にお見舞いを、さらに、安心・安全なまちをめざす宝塚市の姿勢を示すことができれば――江見議員がリード、みんなで温めてきた条例が成立します。“県内初”もうれしいですね! (^0^)V

お知らせ

2018年11月22日

サーバーの不具合で記事と写真の投稿ができなくなっています。見づらくて申しわけありません。
もうしばらくお待ちください。

2017年04月24日

携帯電話番号が変わりました。
【新】 080・4013・8050
お手元のアドレス帳を上書きしていただければ幸いです。

  • さなえ応援団
  • 会員・サポーター募集中!
  • リンク集
  • 寺本さなえのFacebook
  • 寺本さなえのTwitter
  • 寺本さなえにメールする

このページの先頭へ